FC2ブログ
21:14:39
11

思い出してまた涙..... 映画「オンリー・ザ・ブレイブ」

火事の映画といったら「バック・ドラフト」。。。。。
ロバート・デ・ニーロ氏出演という以外
話は完全に忘れてしまっているが
ふいに火が引いて室内が静まり返り
束の間の沈黙の後に
再び勢いを増して襲い掛かる火炎。。。。。その映像と
「火は生き物」。。。。。その想いが強く印象に残っている

今回は建物火災ではなく山火事の映画。。。。。
「オンリー・ザ・ブレイブ」 公式サイト⇒こちら
315d18737005b1c1.jpg


日本ではあまり馴染みのない山火事だけど
アメリカでは毎年恒例&大規模な自然災害であり
山火事専門の消防団が各地にある

山火事の場合ホースを引き回して放水するのではなく
延焼を最小限に食い止められるように
風向きや湿度を見ながら火の進路を推測して
木を伐採したり溝を掘ったりするのが隊員の主な仕事である


エリック隊長夫婦と
恋人の妊娠を契機に人生をやり直す決心をした元ジャンキー.新人隊員ブレンダンを主軸として
人間ドラマが描かれている


後半「ホットショット」に昇格して未曽有の大規模火災に挑む彼らは
風向きが変わり火の勢いがあまりにも早く逃げ場を失う
各自防火テントにくるまり
「新人を内側にして」並んで地面にうつ伏せ
迫りくる火が通り過ぎるのを待つ。。。。。。

死んでしまうかもしれない彼らをただ見ていることだけしかできない。。。。(涙)

にこちゃんとぐう太くんとぱぐちゃんが死んでいくのを
ただ見ることだけしかできなかった経験に重なるのかしらねっっっ(T_T)
今思い出しても涙出るぅぅぅ~~って
そんな映画は今までないですっっっ

隊長の訃報を伝える電話に妻は絶叫ぉぉぉ~~
ドン引きですけど(笑)



状況を説明するとのことで隊員の家族が集まった中学校の体育館
生存者が1人だけいるという情報だけが先行する
そこへ火の向きを観察する役割を命じられて1人別行動で生き残ったブレンダンが現れると
誰もが落胆し新たな涙を流す
「家の人じゃなくてお前かいっっ」みたいな空気を感じて逃げるように外へ出るブレンダン

彼を引き留め声をかけるのは隊長の妻
「助かって良かった エリックもそう思ってる」と。。。。。
あの絶叫した妻がそう言えるんですよ
この人すごいっっっ

にこちゃんが帰天して近所を散歩する犬を見ては
「なんで可愛いにこちゃんが死んじゃって
可愛くないお前がのうのうと生きているんだよっっっ」と思っていた私(汗)
「こういう人を目標にしようねっっっ」って
にこちゃんが観せてくれた映画なんだなぁ(^ω^)



事実に基づいた話ってことで
エンドロールでモデルとなった人物の写真が名前と年齢とともに流される。。。。。(涙)(涙)(涙)
そして1人生き残ったブレンダンの本物のコメント。。。。。
「生き残った罪悪感より 今は素晴らしい仲間に出会えたことを誇りに思う」

思い出しても涙出るぅぅぅ~~~

途中何度か居眠りしちゃったし
登場人物に特別感情移入するわけでもなく
こういう人もいるんだなぁくらいの傍観者であったのに
これほど涙が出るのはなぜなのか正直戸惑っていますっっっ
前世の記憶なのかしら!?


公式サイトによると本国アメリカでも
森林消防隊「ホットショット」が何者か知らない人がほとんどだという
人知れず市民の生活を守るために日夜仕事に勤しんでいる彼らのような存在が
他にもまだまだいるということに思い至る。。。。。


この世に生きるすべてのものに感謝っっっ
これまで生きてきたすべてのものに感謝っっっ

そうでもしないと彼らのような存在に感謝し損ねてしまうから。。。。。。(^ω^)



そういえば人知れず悪の手から地球を護り続けている
護聖天使ゴセイジャーなんていうのもいたわねっっっ(笑)⇒こちら
P1490008_convert_20130320134840.jpg  P1480996_convert_20130320140013.jpg
なんか強そうに見えない。。。。。。。。。。。。。      よろしくお願いします。。。。。。




P2070348.jpg








天国のにこちゃんにぽちぽちっぱちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば
↑↑↑ 個性あふれるフレブルさん大集合

    Mr.Gutley より大きい子はいるかな??







関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment