FC2ブログ
14:00:39
26

祝♪安田純平さん無事帰国


シリアで監禁拘束されていた
フリージャーナリストの安田純平さんが昨日無事帰国された

犯行グループが捕まっていない以上
日本政府が身代金は払わないと宣言してはいても
裏取引が絶対あったと考えられ
誰が誰の依頼で解放への話をまとめ
誰が表の金を払い誰が最終的に支払ったのか
裏の金はどんな名目となって相手に渡されたのか
スパイ小説的観点で非常に気になりますっっっ(汗)

こんなことが起こる前にシリアに行けて良かったなぁ
なんて正直思うものの周辺3か国まとめてのツアーだったので
どこがどこだかごっちゃまぜ。。。。。
ただひとつ心に残っているのは
幹線道路の中央分離帯の外灯の支柱に内戦だかなんだかの
犠牲者の遺影が延々と並んでいる光景。。。。。
目の大きい可愛らしい子供たちの顔、顔、顔
今となってはそんな光景すら見る影もなく壊滅した街の様子に心が痛みますっっっ


安田さんの帰国を喜ぶ一方で厳しい意見もいくらかあるのだが
安田さんや戦場カメラマンと言った個人を紛争地域へ赴かせるのは
平和ボケした私たちの無関心さだと思う

そしてまた安田さんの拷問に私たち日本人が加担している
今読んでいる本に強制労働収容所で拷問された人の話が出てくる
「一口に拷問と言っても、ソビエト式、日本式、中国式など様々な拷問があります。
それらの拷問を組み合わせ、とてつもなく残忍な拷問に仕立て上げていました」と。。。。
日本人が過去に異国の人にした拷問の術が継承されてまたそれが日本人にやり返される。。。。。

同じことは善行でも繰り返される
遭難したトルコの軍艦エルトゥールル号を救助した明治時代の日本人の善行に感謝し
その恩に報いるかのようトルコ政府は
イラン・イラク戦争下のテヘランに取り残された日本人200人を救出してくれた
そしてトルコの大地震の際には日本は救助・救援を惜しまなかった
そしてまた安田さん解放に関してもトルコ政府は少なからぬ協力をしてくれたようである


異国の人を見捨てればいつか見捨てられることになる
異国の人を助ければいつか助けてもらえる時が来る
だから異国を知ること
助けが必要な人がどこにいるのか知ることは重要で
それを教えてくれるのが安田さんのような仕事をしている人たちだ


無事に帰ってきてくれてありがとう
安田さんを助けてくれてありがとう


自分に何ができるのかとんと検討もつかないけれど
世界の平和を切に願うばかりですっっっ



ちょうど7年前 2011年10月26日のにこちゃんは。。。。
にこら2012 781
昨日より一段と可愛い~~(^ω^)

にこら2012 782
同じように見えても同じじゃないんだってばぁぁぁ~~





天国のにこちゃんにぽちぽちっぱちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば
↑↑↑ 個性あふれるフレブルさん大集合

    Mr.Gutley より大きい子はいるかな??





いつもありがとうございます(^ω^)




関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment