FC2ブログ
12:00:39
18

苦しめ!とことん悲しめ!.....「ウィンド・リバー」


CIAがサウジ記者の殺害はムハンマド皇太子命令と結論した
今後どうなるのでしょうか。。。。。
とりあえずトカゲの尻尾切りみたいな殺害犯5名の処刑くらいじゃ済みそうにないわねっっ
不幸中の幸いはサウジ国内ではなくトルコで殺害されたことかもしれない
もしも国内で殺害されていたら闇に葬られていたでしょうから。。。。。
邪魔ものは消すなんて発想がなくなる健全な世の中を願いたいです
遺体のない葬儀をしなくてはならない遺族の悲しみ憤りは
生きたまま切断されたという遺体があるよりマシなのか
遺体を酸で溶かして下水に流したなんてことまで報道されて
真似する輩が出てこないかと別の意味でも心配ですっっっ

こちらの映画もそんな懸念があったりする。。。。。。
ウインドリバー

舞台は雪と寒さ以外は全部奪われたと住民が嘆く
「ウインド・リバー」というアメリカの「先住民保留地」
そこで家畜を狙う動物を駆除しているハンターのコリーが少女の死体を見つける
白い雪の上には赤い血が飛び散っている
裸足の足は凍傷になっていた
少女は知人の娘ナタリー
検死の結果はレイプされた後極寒の雪道を走り
冷たい冷気を吸って肺が破裂 自分の血で窒息死

事件性は明らかでありながら「他殺」でなければFBIの捜査班は呼べないという
小所帯の保留地警察とFBIの新人捜査官1人そしてコリーが捜査に当たり
犯人を突き止め。。。。。っていうあらすじ


少女の交友関係を聞こうと被害者の家族を訪ねるも
父親は何も知らず母親は話をできるような状態ではなかった
自分の手首をナイフで傷つけ泣いている
「なんで止めないの!?」
そうせずにはいられない母親の気持ちがコリーにはわかるからなのだった
3年前コリーの娘もレイプされ死亡 犯人は見つかっていない

娘を亡くしたばかりの父親にコリーが言う。。。。。
「時が癒すと言うが実際には違う 悲しみには慣れる
受け入れれば娘と心の中で出会えるが
逃げれば失う 思い出のすべてを失う
だからとことん苦しんでとことん悲しめ」と。。。。。


悲しみを受け入れるってことは悲しむことなんですね。。。。。
とことん悲しむことは苦しい
苦しくて逃れたくなってその術はないかと探そうとするけれど
苦しみに耐えてでも悲しむのが正しいと私は思う
悲しみの深さを悲しみの大きさを知るほどに
かけがえのない故人の大きさがわかるから
どれほど大切な存在であるかがわかるから
そしてそれは感謝の気持ちに変わるから
故人が悲しもうが見せつけるように悲しんでいいと思う(笑)


犯人は見つけても引き渡さないという約束で捜査協力したコリーは
犯人グループを突き止め銃撃戦をくぐり抜けた最後の1人を
山の上で解放する
ただし足は裸足
さっさと逃げないと撃つぞと脅して。。。。。
コリーが銃を撃たなくともヤツは死ぬ
ナタリーと同じよう白い雪に血をまき散らして。。。。。。


ナタリーの件については解決するのだが
実際にこの地では女性が何人も失踪しているという
しかしその数は把握されていないともいう
「原住民保留地」の闇を描いた映画だそうですっっっ

犯人グループを非難するのは簡単だけれど
地の果てに追いやられた若者が正気を保っていられないのも
わかる気がします。。。。。。(汗)
奪ったものを返さなければこの闇は晴れないと思います。。。。。。
知らないだけでこんな場所が他にもいっぱいありそう。。。。。




7年前 2011年11月5日のにこちゃんは。。。。
にこら2012 787
風呂上りっっっ♪ 雪みたいに真っ白と言いたいがっっっ雪の中ににこちゃんがいると小汚く見えるの。。。。(笑)

映画では雪景色用の迷彩服というのを初めて見たわ♪ でもあたしは茶系の迷彩柄が好きだな。。。。。
にこら2012 788
前は椅子の上で乾かしていたのだけれどすぐに降りるようになっちゃって床の上。。。。。
床の上で乾かすのってシンドイんだわぁ。。。。。
にこら2012 789
しかもこのお方の毛は全然乾かないっっっ毛が密集してて保水力高過ぎぃ~~~(笑)

にこら2012 790
終わりにしたいのはやまやまですが自然乾燥に任せたら余計汚れそうでそうはいかぬのだな。。。。。

Pにこら2012 791
どうやったら早く乾くか!? 試行錯誤したわね。。。。。タオルよりはキッチンペーパーが良かったかなぁ。。。。。
30分が25分になるくらいの話だけれど(笑)








天国のにこちゃんにぽちぽちっぱちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば
↑↑↑ 個性あふれるフレブルさん大集合

    Mr.Gutley より大きい子はいるかな??





いつもありがとうございます(^ω^)







関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment