FC2ブログ
20:05:39
10

我が子を2度亡くした親......「運命は踊る」


「にこちゃんが死んじゃったらどうしよぉぉぉ~~~」
と思ったことは何度もある
それは最後のガンに限らず
尿路閉塞で3度手術した時だけでなく
膀胱炎になった時も
爪が折れた時も
肉球の皮がズル剥けた時も
カンカン照りの太陽の下でも
ここからどんどん悪化して
「死んじゃうかもぉぉぉ~~~」と何度も思い
ケロッと回復しては
ああ良かったぁ~神様ありがとぉぉぉ~~(*´Д`*)
なんてことを繰り返していたのだが

こちらの夫婦の場合は出兵していた子供が戦死したと報せが来る
のだが次の日だかには誤報でしたと知らされて。。。。。
運命は踊る
ここはどこ? あなたは何人!?っていうのが気になってしょうがないっっっ(笑)


軍服の男女3人が家を訪ねて来る
それだけで妻はすべてを悟り気を失う
夫は話を聞くとバスルームに引きこもり
熱湯を手の甲に受けて耐え忍ぶ
悲報が届いた時の人の反応というのも様々あるけれど
この夫のように自らを傷つける人がいるということを最近知った
故人の苦しみを分かち合う心理なのか
身体で感じる痛みがイコール心の痛みとして感じるのか
痛みに耐えることで悲しみに耐えようとする試みなのか
はたまた別の意味があるのかわからないけれど。。。。。
犬が慰めに来てくれるのに
あろうことか夫は腹を蹴って追い払う
私としては天使の犬には心を開いて欲しいところなんですがっっっ

葬儀の打ち合わせも進む中
戦死したのは同姓同名の別人でしたと報せがくる
母は手放しで喜ぶのだが
夫は先に行かせた車が地雷を踏んでしまい全員死亡
本当なら自分が死んでいたかもという過去があり複雑な心境
信じられない想いもある

息子はと言えば戦死とは程遠い
広野を走る1本道の検問所を4人で任されている
時折らくだと害のない一般市民の車が通る
一番の危険と言ったら宿舎代わりにしているコンテナが
少しずつ傾いていることくらいでしょうか。。。。(笑)

しかし息子は結局戦死する
父がコネを使って息子を戻すように要請したのだが
その途上でらくだを避けようとして交通事故
そう。。。。。交通事故なんだけど「戦死」
検問していた車から転がり落ちた物体を手榴弾と誤認して
車中にいた若者4人を銃殺したのも軍は隠蔽
息子の遺品のノートには車中にいた女性の顔と
地中に車を埋めて隠蔽したブルドーザーの絵が描かれている

生きていたぁぁぁ~~と喜びも束の間
息子は死んでしまった
元気な姿を見ることもなく。。。。。
夫が息子を呼び戻さなければこんなことにはならなかった
あの時死んでくれていればよかったと妻が言う
かすり傷ひとつ負ってないのに「戦死」だと笑う
あの子のにおいが消えていくのが耐えられなくてと
息子の物を処分してしまう

死神のリストには間違いなく同姓同名の2人の名前があったってことなのでしょうか。。。。。

運命は変えられないと諦めるのも運命
運命は自分で切り拓くものとチャレンジするのもまた運命
私がこの映画を観たのもまた運命(笑)

わざわざ道路の上を歩き
検問の停止バーを上げてもらって通るらくだ。。。。
道路の真ん中の白線を辿るようにまっすぐ歩く姿が印象的で
これも人生の何かを示唆するような気がしてならない


混乱を極める家族の姿に対して映像は非常にすっきりと美しいですっっっ
夫妻の住まいにしても夫の母がいる高齢者向けの施設も
とってもスタイリッシュな空間で素敵でした
イスラエルは訪問優先リストの上位にあるのだけれど
世界遺産なんかだけじゃなくて
日本のTOKYOみたいな街中もぜひ観光してみたいと思う映画でした(^ω^)

公式サイトは⇒こちら



8年前 2010年11月7日のにこちゃんは。。。。
今日のにこら201011月 1110
お運びにこちゃん♪

今日のにこら201011月 1111
KYなお方(笑)

今日のにこら201011月 1112
にこちゃんのUターンスペースもない机のレイアウトなもんで。。。。。(汗)

今日のにこら201011月 1113
行っちゃったっっっ(^ω^)







天国のにこちゃんにぽちぽちっぱちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば
↑↑↑ 個性あふれるフレブルさん大集合

    Mr.Gutley より大きい子はいるかな??





いつもありがとうございます(^ω^)








関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment