FC2ブログ
22:55:39
06

迷子札をつけましょう(笑).......「バジュランギおじさんと、小さな迷子」

インド映画のレビューを見ると
「無駄に長過ぎる」という感想がよくある
その長さが嫌われるのか「ボリウッド」と言われながらも
日本で上映されるのは年に数本というのがなんとも残念
長い要因は日本人に言わせれば「無駄な」ダンスシーンが必ず盛り込まれているからなんですが
あたしは好きですっっっ
そして最近思ったのはこういうのを観てインド人は喜んでいるのだろうなぁ。。。。。と
これがなきゃインド人は納得しないのだろうなぁ。。。。。と
インド映画を観る時は
郷に入っては郷に従えって肝に銘じて
インド人の観客が歓喜して一緒に歌い踊る様子を想像すればよろしいかと思いますっっっ(笑)


昨日は黒人と白人の壁を乗り越えたお話でしたが
インドで大人気のこちらの映画はインドとパキスタンの壁を越えたお話。。。。。。
バジュランギおじさんと小さな迷子
159分 本国ではインターミッションがあったようなんだけど日本ではぶっ続け長い長い(笑)

迷子のシャヒーダ役の女の子が可愛い過ぎる~~
ハリウッドよりボリウッドの子役の方が断然可愛いとあたしは思う
口はきけないのだけれど「あちゃあ」って感じで額に掌を打ち付ける仕草も可愛い(^ω^)
正体不明の女の子の謎のというかヒントになる行動がコミカルですっっ

妙に懐いて離れない小さな女の子は
異教徒のムスリム。。。。パキスタンからインドにやって来た迷子だったぁ!!!
懐かれたバジュランギおじさんが家を探して帰してあげるって話

あらすじは至って単純なんだけれど
女の子は口がきけず読み書きもできないから
自分の名前も住所も伝えることができませんんんん
パキスタンから来たとわかっても密入国しか戻る手立てはなく
あと2カ月でお金を貯めて家を持たなきゃ結婚を認めてもらえないって状況にありながら
その貯金をはたいて密入国の斡旋業者に支払い
危うく女の子が売り飛ばされそうになるところを取り戻し
スパイ容疑で追われながら
カレンダーの風景写真を手がかりに家を探すっていう途方もない旅
見ず知らずの女の子のためにここまでできる人はどれくらいいるのか。。。。。
フィクションです(笑)
がっっ「そんなバカいねぇ~よ」と断ずるのであれば
この映画がインドでこれほどヒットするわけもなく
「こんな人になりたい」「こんな人がいてほしい」「こんな人がいたら応援したい」
そんなインド人の良心に触れたような思いがします(^ω^)

今回は女の子が言葉がわかって自分の国と村の名前を覚えていたから帰れたけれど
一昨年のインドの迷子映画「ライオン 25年目のただいま」で
回送電車に乗り込んで遠い所に行ってしまった5歳の男の子は
言葉が通じず自分の住所も正しく覚えていなかったためすぐには家に戻れず
オーストラリアの夫婦の養子となり
グーグルマップで記憶の風景と一致する場所を見つけて
25年ぶりにインドの実家に帰ることができました。。。。。

私がその年のころ「日本」とか住所とか知っていたかというと
たぶん知らないっっ(汗)

小さな子供には迷子札を肌身離さずつけさせておくのが大切ですねっっっ
老人にも。。。。。



ちょうど9年前 2010年3月6日のにこちゃんは。。。。
にこらの毎日 1020
何かを必死に訴えてるぅぅぅ~~~けどさっぱりわかりませんんん(笑)

まさか両親に会いたいとか
兄弟に会いたいとか言ってないよねっっ!?(汗)

にこちゃんの本当のお家は天国なんだよぉぉぉ~~~(^ω^)
ってことで家族から引き離したことにはまったく罪悪感を感じていません(汗)(汗)(汗)




天国のにこちゃんにぽちぽちっぱちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば
↑↑↑ 個性あふれるフレブルさん大集合

    Mr.Gutley より大きい子はいるかな??





いつもありがとうございます(^ω^)




関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment