FC2ブログ
23:03:39
30

人生の扉は自分で開ける.........「ダンボ」

今日も寒くて曇天んんん
なんですが
シジュウカラさんの囀りは
太陽の光がさす清らかな林へ連れて行ってくれます♪

一方のひよどりさんは。。。。。
ひよひよと鳴くからひよどりと名付けられたということなんですが
あたしには「ひよひよ」とは聞こえず
どこかの景色を呼び寄せるような鳴き声でもないけれど
姿は見えなくても空を飛ぶ時の声とSOSの叫び声にニンマリできる今日このごろ(^ω^)


さて楽しみにしていた「ダンボ」
ティム・バートン監督の世界観が大好き♪
もうずっと行ってないけどディズニーランドに行くような感覚ですね
夢の国へようこそぉぉぉ~~みたいな
ダンボ

ダンボが可愛い~~~~🐘
暗くてよく見えないのがもったいないですぅぅうううっ
泣き声とか仕草とかなんかにこちゃんを思い出しちゃう可愛さ
普段動物と暮らしていて可愛いと感じるすべてを知り尽くしたエキスパートが
ダンボの動きを表現しているなぁとその観察力と表現力に拍手を送りたいですっっ
目は大きいけどかなりリアルで
これで毛がホワホワ生えていたら完璧でした
おデブさんな人魚 ミス・アトランティスも可愛いかった(^ω^)


人々に夢を与えるサーカスの裏側は暗くて悲しい
戦争から帰って来たパパは左腕がなくなっていて
パパのいない間にママはインフルエンザで亡くなって
ダンボとジャンボは引き離されて。。。。。
娘は見世物になりたくないなんて言ってるし(笑)

ママが亡くなる前に
人生の扉が開かないと感じる時があったら
この鍵で扉が開くのをイメージしなさいとくれた鍵を
娘は首からかけて大事にしていたのだけれど
火に包まれてピンチになった時に
もうこれは必要ないと火に投げ込んでみせて
ダンボだって羽がなくても大丈夫 飛べると勇気づけて
脱出するのですがっっっ
小学生の女の子に叱られた気分ですっっっ(汗)(汗)(汗)

あたしだったらその鍵を後生大事に持ってて手放せないと思う
何がないから○○できない
なんて言うのは所詮言い訳でしかないのよねっっっ
人生の扉は自分で開ける!!!
小学生の女の子がそう決意したのに
なんだかんだ言い訳ばかりしている自分が恥ずかしい。。。。。。。
にこちゃんがお灸を据えてくれたのかにゃ(^ω^)


最後にダンボとジャンボが故郷に戻ったシーンがあって
滝が流れ落ちる湖に象さんがいっぱいいた♪
スリランカで見た象さんを思い出すなぁ。。。。。。
IMG_0021_s.jpg
別の所から象さんが列をなして歩いてくるのが「ジュマンジ」を彷彿させますっっ

IMG_0022_s.jpg



ちょうど9年前 2010年3月30日のにこちゃんは。。。。
にこらの毎日 1347
大きい耳を隠して帽子をかぶってるダンボも可愛かったけど。。。。。

にこらの毎日 1348
いっつも耳をダンボにして美味しい音を聞き逃さないにこちゃんなのでしたぁぁぁ~~~(^ω^)




天国のにこちゃんにぽちぽちっぱちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば
↑↑↑ 個性あふれるフレブルさん大集合

    Mr.Gutley より大きい子はいるかな??





いつもありがとうございます(^ω^)

以下映画のぼやき。。。。。

ここ数年の監督の作品の明から暗への場面展開が懸念事項だったのですが
今回はずっと「暗」だったぁ~~~(;´д`)
チラシのような太陽サンサンの明るさがありませんんん
読書中に日が暮れて部屋も薄暗くなってきたけど面倒でそのまま読み続けるみたいな。。。。。
「誰か灯りを点けてよ~~~」ってな感じです(笑)
監督が敢えてそうしているわけなんですけどねっっっ(汗)
最後の最後に太陽サンサン
「メディチ・ファミリー・サーカス」として心機一転
故郷に帰った象さん親子
夢と希望に溢れた世界に変わってようやく明るくなるのでした。。。。。
そうしたかったのはわかるけど暗すぎてもったいないと思わずにはいられませんんん

ダンボが主役のはずなんだけど
人間の親子の話がメインになっている感じは否めずです
象さん親子とかサーカスの他の動物との交流みたいなのはほとんどなく
微妙に期待していたものと違った。。。。。
動物もしゃべってほしかったなぁ。。。。。
パパ役がコリン・ファレルさんなのがあたし的には納得いかず
この方いい役もらい過ぎと思ってますっっっ(笑)
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment