FC2ブログ
23:58:39
09

台風で人知れず死んでいくもの

鳥が囀り蝶が飛び虫もいる
昨日と変わらないいつも通りの我が家の庭を眺めて
今日ほど喜びを感じた日はないかもしれない
夜半から朝にかけてのあの台風を乗り切ったたくましい生き物たちが愛おしい(^ω^)

我が家の台風の被害は
枯れ葉じゃなくて千切れた緑の葉っぱが
どこからか吹き込んできたくらい
庭にベランダにテラスの屋根に。。。。。
雨風がうるさくて目が覚めたわけではないのだが
エアコンのタイマーが切れる度に
さほど暑くはないのに息苦しくて目が覚めたっっっ
停電していた地域もあったというから我が家は運よく難を逃れたようだ
それもこれもにこちゃんたち3人の天使のおかげ♪
だからと言って一生安泰と思ったら大間違いっっ
あたすに必要とあればどんな辛い経験でもさせるのが天使のお役目なので
日々の感謝に欠けた時もしくは何かを学びとる時期に到達したタイミングで
被災することがあるかもしれないっっっ

小型だけど非常に強力な台風が接近するのは夜中の予報に
一番気がかりだったのはこの前のムクドリさんの群れ
隠れるというより覆うように木にとまっていたムクドリさん
寝込みを襲われることになったとしたら大丈夫なのだろうか?
それとも日が暮れる時点で台風が来るのを察知して
もっと安全な場所に分散して避難できたのだろうか?
心配なんて相手を自分と同じ低レベルな能力しかないとみなす失礼な行為だと思いつつも
まだ書けずにいるけれど少し前にあっけなくなくなった生命を目の当たりにしてしまい
心配で心配で心配で。。。。。。
結局ネットで検索したらそんな心配をする人が結構いて
事前に察知する説もありつつ相当数が死んでいると回答されていたわ(T_T)

人知れず生きて人知れず死んでいくのが
野生の生き物には一番安全で幸せなことだとは思うけれど
人間に安全な場所を奪われたまま代替地も与えられずに災害で犠牲になり
人知れず死んでいくのは悲しい
彼らの住処を奪っているのはデベロッパーではなく
娯楽や利便性や安価を求める私たちなのだという意識は薄いが間違いなく私たちだ

鳥が憩える木を提供するのが無理なら
アリのために土地を提供してあげるくらいのことでも
蝶が蜜を吸える花を提供するくらいのことでもしてあげなければ
私たちは奪うばかりの存在となってしまう
奪う者は奪った以上に奪われることいずれ我が身で思い知ることになるのだろう



ちょうど7年前 2012年9月9日のにこちゃんは。。。。
P1400692.jpg
なんなら枕もどうぞ♪
って気前良くできるのも昼間だけ(笑)
夜あたしの寝床の真ん中を陣取って先に熟睡されちゃうと奪回するのが大変よぉぉぉ~~~(^ω^)


天国のにこちゃんにぽちぽちっぱちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば
↑↑↑ 個性あふれるフレブルさん大集合

    Mr.Gutley より大きい子はいるかな??






いつもありがとうございます(^ω^)






関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment