FC2ブログ
23:39:39
04

目の前で猫さんが亡くなりました(涙)

左腕にひっかき傷
3cmくらいのが3本と1cmないくらいのが2本
猫さんに引っかかれたその傷は
引っかかれたと意識することもなく気が付けばそこにあった。。。。。
あの日から1か月が過ぎて瘡蓋も取れたけれどまだ線が残っている
傷の治りが悪いのも年齢のせいやねぇ。。。。。(婆)

腕の傷はいずれ跡形もなく消えるだろうし
心の傷はあの日のことを忘れることで癒えるだろうけど
忘れられない忘れちゃいけない
いつまでもその痛みとともに生きていかなくてはいけないと思う

ちょうど1か月前
あおちゃんに久しぶりにちゅーるをあげて帰る途中であった
信号のない横断歩道でどうぞと止まってくれない車にムカつきながら
自転車を押すおじさんと一緒に車の切れ目を縫って渡った
路面より5cmほど高くなった縁石を自転車で乗り越える分おじさんはあたしより遅れ
車が迫っていたのだが
おじさんが渡り切ったところで耳慣れない音に振り返ると
日が暮れて薄暗くなった車道に白い猫が倒れてもがいていた
車に轢かれた? ぶつかった?
次の車も迫っていたからあたすはその猫さんの轢死体を見たくないばかりに
抱き上げて避難させた
歩道の端の電信柱の脇に横たえた猫さんは一旦起き上がろうと試みたもののかなわずっっっ
轢かれてはいないようだが前足にぽつんと血がついていた
自転車のおじさんはしばらくすると去ってしまったが
通りかかった高校生くらいの男の子が自転車を降りて心配気に見ていた
自分の家にも猫がいるからと他人事ではなかったようだ
何もできずにただオロオロ「ごめんね」とつぶやきながらお腹を撫でている間
病院? もう終わっちゃったよっっ診てくれたとしてもいくらかかるんだ?
なんてことが頭をぐるぐる回っていたわけなんですがっっっ(汗)
気付けばをカッと見開いた目はこの世をもう見てはいなかった(T_T)


猫さんを初めて抱っこしたかもぉぉぉ~~~
と喜んだ数か月後にはそのゆきちゃんが亡くなり
買い置きしていたカリカリを誰にもあげられずにいたのだが
時折我が家の庭で夜見かけた子がこの子で
その子にあげていたらこんな事故にあわずにすんだのかなぁと思うと辛い
2度目の抱っこがこんな形になるとは夢にも思っていなかった
あたしの抱っこの基準は20kg超えのにこちゃんだから余計に
猫さんは小さくてふわふわで浮いているかのように軽かった
生命の儚さを象徴するようなその軽さがまた悲しい

ああなんであたすは後ろからくる猫さんに気付いてあげられなかったのだろう
気づかないにしても車を止めて堂々と渡っていれば猫さんも安全に後ろからついて来られただろうに
猫さんを当てた車は止まりもせずに走り去った
それを責める気はない
気づかなかったのかもしれないし
家で車を点検して傷も獣毛や血もこびつりいていないことにホッとしているのかもしれない
いずれにせよ原因不明の偏頭痛とか
これはあの時の罰だと思うことが起こるだろうから(笑)

なんでこの子は道路を渡らなくてはいけなかったのだろう
なんで私は事故に居合わせてしまったのだろう
と考えるに
散々見過ごしてきたことを今日はやって見せてよと逃げられない状況に追い込まれたのだと思う
なるほどたまたま家に段ボールをもらってきてあったのもこのためかと思いつつ
やっぱり遺体を引き取ることはできませんでしたっっっっ
男の子と相談して朝までここに置いておくしかないよねと別れますた(汗)

唯一の救いがあるとすれば事故の少し前に知った「虹の橋」の第2部
虹の橋のたもとで猫さんを待っている人がいることを願うしかない
地上での不運を忘れるほどに天国でその人と幸せであってくれればと思う

何にもなんにも本当になにもできない自分にため息しか出ないっっっ
自分の無力をつくづく思い知らされる
動物を遺棄する人を責める気にもなれない
そんな人と一緒にいたって動物が幸せだとは思えないから。。。。

皆が動物を敬愛する気持ちはどうすれば育まれるのだろう
動物は天使だなんてあたすがここで何度言ったところで
本当に知ってほしい人には届かないっっ理解してもらえないっっ
野良猫さんがそこら辺を当たり前にうろついて寛いで
人間が当たり前に話しかけてご飯をあげてフンの始末をして。。。。。
なんてことがどうして叶わないのだろう

野良猫さんには人間をしたたかに利用して
くれぐれも悪い人と危険物には近づかず
自由気ままに賢くたくましく生き伸びてほしいと思う


P2250766.jpg



ちょうど7年前 2012年10月4日のにこちゃんは。。。。
Po1420773.jpg
高級品には囲まれてないけど王侯貴族かっていいご身分よねぇぇぇ(^ω^)

Po1420736.jpg
人生最大の悩みが鼻の頭にできた1粒のニキビッッッて世界やねぇ(笑)



天国のにこちゃんにぽちぽちっぱちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば
↑↑↑ 個性あふれるフレブルさん大集合

    Mr.Gutley より大きい子はいるかな??






いつもありがとうございます(^ω^)







関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment