FC2ブログ
23:39:39
21

国籍のない人たち.......「ロヒンギャ難民」

青空ぁぁぁ~~とは言えひんやりして来ましたね
今日はにこちゃんの35回目の月命日
3年前に戻ればにこちゃんはあと1か月の命、、、、、
砂時計の砂が残り少なくなっても無情にスルスル正確にこぼれていく様が意識に上る時期でした
時間よ止まれぇぇぇ~~~という思いと
やたらと長く感じる日中の時間が何事もなくあっという間に過ぎてくれることを願ってもいました。。。。。。
飛ぶように過ぎる時間をいくら重ねることができたとしても
結局は死を待っているのだということに気付き愕然としたのはもうちょっと先だったか。。。。

3年前の今を思い出して悲しむことをにこちゃんは全く望んでいませんんん
「ぼくちんのことを悲しむくらいなら他の誰かのことを悲しんであげてね♪」月間
図書館の新刊コーナーにそれはあった。。。。。
P2260789.jpg  P2260791.jpg
ラマダン明けのお祝いで着飾った女の子            4000円!!!は驚くところではなくっっっ

難民が暮らすビニールシートを被せた粗末な家が果てしなく広がる避難所のこの光景。。。。。@バングラディシュ
P2260792.jpg
この地の国際NGOでロヒンギャ難民支援に従事した著者のルポ

ネットの画面の隅に寄付募集みたいな広告を最近チラチラ目にして知った「ロヒンギャ難民」
難民として暮らす人の中にはもう3世代に渡る長い間祖国に戻れない人もいるというのだが
今の今まで知らないでいたことが恥ずかしいやら情けないやら。。。。
知ったところで何ができるわけではないとしても
偽善者にすらなれない己の無力さを思い知ることと
我が身に何が起こっても彼らの痛みを我が身で知る時が来たと
甘んじて受け入れる覚悟くらいはできるのかな。。。。。。(汗)

さてこの100万人という仙台市の人口に匹敵するほどの難民が生まれたのは
仏教国ミャンマーの国家犯罪によるものですっっ
バングラディシュ国境近くのエリアに多く住むイスラム教徒のロヒンギャを
政府は不法移民だとして国民として認めず
あるべきはずの国民の権利をはく奪するだけでなく搾取を続けて来て
最近武装勢力が粗末な兵器で反撃を試みたのを契機に
軍がロヒンギャを殺戮っっというか殲滅作戦を展開したため
主にバングラディシュに大量のロヒンギャが避難せざるを得ない事態に発展したというわけですっっっ

ミャンマーと言えばノーベル平和賞を受賞したアウンサンスーチー氏が有名ですが
この問題に関しては国連に対しても形ばかりの対応をしているだけで
ミャンマー国内にロヒンギャの味方は誰もいないように見えますっっっ

日本にもあった同和部落問題やハンセン病患者の隔離のように
社会が成熟すれば差別や偏見をおかしいと感じる良識が生まれることを期待できるのか
部外者である国外の人から指摘されて考え直すのか。。。。

解決の糸口すら掴めないような状況が続いています

2019年11月14日
ついに国際刑事裁判所がロヒンギャ迫害の罪で正式に捜査を開始すると発表しました
それは肉体的な暴力だけを指すのか
国民として認めていないことも含まれるのかわからないけれど。。。。。
どこまで追求するのか
またミャンマー側がどう言い逃れるのか注目ですっっっ


心休まる居場所が皆に与えられることを切に願うばかりです。。。。。。


ちょうど3年前 2016年11月21日のにこちゃんは。。。。
P1440372nn.jpg  P1440374nn.jpg
元気に食べてくれるとものすごぉぉぉ~~~く嬉しかったなぁ
ひとくち食べてくれるたびにありがとぉぉぉ~~~!!!! みたいな感じですた(^ω^)


んふふ ハート型♪
P2260814.jpg
未だ健在のブーゲンビリアにハート型の葉っぱが2枚(*´艸`*)



天国のにこちゃんにぽちぽちっぱちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば
↑↑↑ 個性あふれるフレブルさん大集合

    Mr.Gutley より大きい子はいるかな??






いつもありがとうございます(^ω^)








例えば国家同士で国土の売買ができるのだとしたら
ロヒンギャを支援する国や組織や個人がお金を出してロヒンギャの住んでいた所を
バングラディシュの国土に編入する形で買い取って
ロヒンギャをバングラディシュ国民として受け入れてもらいたいとか本気で考えます

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment