FC2ブログ
23:39:39
17

25年の年月をかけてようやく

あたしの人生で起きた最初の大地震として記憶しているのが
25年前の今日の阪神大震災
同じ国土に住みながら関東在住のあの頃のあたすには全くの他人事ですた(汗)
朝会社に向かうタクシーのラジオで大きな地震があったと耳にして聞き流し
お昼に何か大変なことになっていると事務所のテレビを誰かがつけて目にした惨状。。。。。
大きな建造物が横倒しになっていたりあったはずの1階部分が押しつぶされていたり
目が行くのはそうした建物の被害状況で
その後も忙しくて続報をテレビで目にすることもできなかったのもあるけれど
死者・負傷者・行方不明者数はただの数字としてしか捉えることができませんでした

あれから25年。。。。。
にこちゃんと一緒に311の地震の時に震度5強を体験し
この前の台風で初めて避難勧告の防災放送を耳にする経験をして
やっと被災者の不安や心痛や苦労をリアルに想像することができるようになりました
まだまだ想像と現実の間には抜け落ちていることがたくさんあるとは思いますが
我が事として受け止められるようになりました

数日前のまだ夜も明けぬ時間に地震があって
一番に阪神大震災のことが頭に浮かび
ついに自分が被災する番が来たのかとドキリとしました
幸い祭壇の花瓶を心配して起き上がるほどにもなりませんでしたが(汗)

25年。。。。。。
人を思いやれるようになるのにずいぶんと時間がかかりました
最愛のものを亡くすこともなく
いつもの日常を営めない事態を経験することもなかったら
25年経ってもなお他人事のままだったと思います
刈り取られた雑草が瞬く間に生い茂るように
崩壊した町も人も当たり前に回復していくものと思っていたかもしれませんんん

あの大地震に関わった人々のおかげで
正すことは正され見直すことは見直され改善されるべきことは改善され
新たに発覚した問題点に対策が講じられ
その後の震災・防災に役立てられています
私たちは経験から学びそれを広範囲に応用することもできます
それがどこまで広がるかは本人次第ではありますが
見当はずれな思いやりから精度の高い思いやりへと向上できるようにしたいものですっっっ

25年前の被災地の人たちと同じ状況にいる人たちと生き物が
今日も世界中のどこかにいます
人知れず私たちの身近にもいるのかもしれません
皆に支援と希望が行き届くことを願います。。。。。。。


9年前。。。。。2011年1月15日のにこちゃんは。。。。。。
にこら201011to201108 1199
地上に派遣された愛の天使たちの願いはひとつ。。。。。(^ω^)



天国のぐう太くんとにこちゃんにぽちぽちっぱちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば
↑↑↑ 個性あふれるフレブルさん大集合

    Mr.Gutley より大きい子はいるかな??






いつもありがとうございます(^ω^)


関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment