FC2ブログ
23:49:39
30

「失うものは何もない」の勘違い

武漢封鎖を中国が決断してくれたのは有難いことなんだけど
チャーター便で外国人を帰国させちゃっていいものなのか。。。。。
検査を拒否して帰宅した不届き者もいたりして後で検査を受けると申し出たそうですがっっ
パンデミックの仕組みを知らないアホなんですかね
てかなんで強制できないのかが不思議
増えすぎた人口を調整する気ですかいっっ!?(笑)


にこちゃんが帰天して
あの可愛いフレブルさんの着ぐるみを手放して以来
もう私には失うものは何もないと
ヤサグレた気持ちがずっと巣食っている(汗)
自然災害や通り魔的な事件で多数の犠牲者が出ると
なんであたしじゃないのだろうと取り残された運命にため息しか出ないのだが
この前ある映画を観たら
失うものは何もないからと言ってヤサグレるのは
絶対なりたくないと思っていた悲劇のヒロインをやってんじゃね!?
と気付いて恥ずかしいやらバカらしいやら(笑)
「失うものは何もない」をメリットにしてできることがあるのでは!?と開眼しました(^ω^)
親が離婚したから当たり前で非行に走ったけど
そうじゃない道を選べることに気が付いて足を洗うことにしました。。。。みたいな心境ですっっっ

ヒーローもののアクション映画なんかだと
そのヒーローには失いたくない大事な人がいてそれが弱点となって人質に取られてしまうのが定番で
失うものが何もない孤独なヒーローだったらすんなり行ったのにぃぃぃ~~~と毎回思うわけでして(笑)
それなのにだったらあたすがそういうヒーローになればいいじゃんって発想はなかったな(汗)
だってほらそもそも能力ないし。。。。

こちらの映画。。。。
g20200113 ザリディ―マー救世主
「リディ―マー」って救世主のことなんですが
あたしも救っていただきました(*´艸`*)

主人公は「リディ―マー」と呼ばれる殺し屋パルド
ターゲットを殺すつもりが誤ってその子供を射殺してしまい
その報復に妊婦の妻を目の前で拷問されて
このまま拷問に耐えるのを見続けるか殺して楽にしてやるかの選択を迫られ射殺する
失うものが何もなくなったバルドは放浪の旅の先々で悪者を始末して回る
最愛の妻子を殺めた闇を抱え懺悔からなのか
信心深く祭壇の用具を持ち歩き毎朝お祈りをした後に
弾を1発込めた銃を自分のこめかみに当てて引き金をひき
弾が出なければその日を生きるという暮らしを続けている
死ぬも生きるもどっちでもいい
ロシアンルーレットな自殺に失敗したら
誰かが自分を殺してくれるのを望んでいるかのように
悪党の中に飛び込んでいく。。。。。。
そんな真似はできないけどわかるなぁ(汗)


失うものはもう何もないとは言うけれど
何もかも奪われて何も持っていないわけではなく
にこちゃんと共にあった嬉し楽しいあれこれや
にこちゃんが教えてくれたあれこれが
私の心にずっとずっとあり続けるのなら
どうしてヤサグレる必要があるのでしょうかと
今頃になって思いますっっっ


ちょうど11年前。。。。。2009年1月30日のにこちゃんは。。。。。。
P1130379.jpg
ヒーローのマントがレジ袋のわけないじゃんんん(笑)
にこちゃんがぐんぐん大きくなってレインコートが入手できず苦肉の策(汗)

P1130382.jpg
カサカサ音を立てて歩くのが嬉し楽しいお散歩なんですが
さすがに恥ずかしいので2~3回でやめて以降雨の日はお散歩は休止となりました
でも。。。。。大雨の日の庭でトイレの時はやっぱりこれで。。。。。。(^ω^)



天国のにこちゃんにぽちぽちっぱちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば
↑↑↑ 個性あふれるフレブルさん大集合

    Mr.Gutley より大きい子はいるかな??






いつもありがとうございます(^ω^)


マフィアの金を見つけて猫ババした男を助けるのがメインの話なんですが
祈りの儀式をするバルドに疑念を抱く男に妻が言うセリフが印象に残ります。。。。。

自分を許せなくなったら誰が許してくれるの?
自分の闇を受け入れなければ闇に沈んでいく
否定するほど闇は広がるけれど
受け入れさえすれば闇は消える
私は人生でそう学んだわ
本当の救いってなんだかわかる?
己の善悪を同時に理解することよ


パルドの抱える闇が何なのか
そもそも闇を抱えていることすらパルドは口にしていないのに
それを察することができる男の妻もまた闇を抱えていたのでしょう
心に闇を抱えることは辛い経験ではあるけれど
同じように苦しむ人に寄り添えるのであればけして無駄な経験にはならないことを
改めて確認した思いがします

闇を悲しみと言い換えても通りますね。。。。。

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment