10:10:00
29

Mr.Gutley 「20kg」にまつわる困った10のこと

大きくても かわいい というか
大きくて!! かわいい フレンチブルドッグ Mr.Gutley の
「 大きさ & 重さ 」 にまつわる困ったことをリストにしてみます。
10個もあるのか、10個じゃ足りないのかわかりませんが
いってみます。

1. フィラリアのお薬が高くなりました
20kg超えないと1680円⇒⇒⇒超えると2100円 / 1か月
420円のアップです。6~12月だと1回分余計にかかります。
つめきり525円を自分でやって節約したいです。

2. 既成服でサイズの合うものがありません
正確には既製服サイズ合うのが1店だけあったのですが、
規格サイズの見直しを突然されてしまい
バストが細身になって、合わなくなりました。
それでもダルメシアン、ボーダーコリーは着られるサイズだそうです。
縺ォ縺薙i2012+033_convert_20120828165239
↑↑左に畳んで積んであるのも同様に短くなって着られなくなったお洋服。
捨てる前に記念撮影しました。

3.バギーが窮屈になりました。
もともとはパグ犬ぐう太君をお花見に連れて行くために購入したものですが
耐荷重が20kgまでだったのでもう一人載せられるはずでした。
10kgの子2人なら大きさとしてOKなんですが、
Mr.Gutleyは背中が長いので体を丸めないと入れません。
自動車学校中退のChaperoneにはいざという時 バギーは必須アイテムです。
でも20kgを載せて段差を超えるのは1人では相当きついです。
バギー出動がないことを祈ります
車があっても飛び乗れるわけではないので、やはり乗せるのは大変です。

縺ォ縺薙i201011to201108+002_convert_20120828163625
↑↑とっても窮屈でかわいそうです

4.毎日の階段の上げ下ろしは けして楽ではないです
Mr.Gutley 我が家の階段は上ることも、下りることもできません。
階段は畳2枚分のスペースしかなく、しかも真ん中で折り返すタイプなので
とても急です。
なのでChaperoneが抱っこして上げ下ろししています。
毎日一緒に寝られるように、1日平均2往復、よっこらしょとがんばっています。
縺ォ縺薙i201011to201108+387_convert_20120828163929
↑↑公共の階段のように傾斜が緩いものは
3歳にして上り下りできるようになりました。
実は階段 好きみたいです。


5.寝た子を起き上がらせるのはとても大変です
抱っこするとき、服を着るとき、脱ぐときなどは
4本足で立つか、せめて座れの状態でいてほしいのですが
だいたいひっくり返って寝ています。まぁいつも寝ていますね。
その状態から抱き上げて起こすのは とても力がいります。
やってできないわけではありませんが、腰を痛めそうなので絶対にしたくありません。
おもちゃで気をひくか、だめなら、掃除機です。← コンセントに差し込む音で即反応します。
ビビリーなのであまり怖がることはしたくはないのですが、
上からなにか落ちてくるふりをして、驚かすのも効果があります。
P1150092_convert_20120828175245.jpg
↑↑起こすのが申し訳ないほど気持ちよさそうに寝ていました



6.一緒に寝ると布団をとられて寒いです
Mr.Gutley 一緒に寝てくれるのはとてもありがたいのですが、
寝る層にこだわりがあって、人間と一緒のシーツの上ではなく、
シーツの上のタオルケット、その上の毛布の上に寝ます。
Mr.Gutleyの上には厚い毛布と掛け布団がかかることになります。
なのでこの上の二枚は自由に移動できますが、
Mr.Gutleyの下敷きになっている毛布とタオルケットの2枚はそう簡単には動きません。
脚で動かそうものなら間違いなく脚ツリます。下手すると両脚ツリます。
この動かせない2枚分が寒いときには堪えます。
寝返りひとつするのも重労働です。
それと寒いときは早々とお布団に入って寝てしまうので、
Chaperoneが寝るときには足しか入れないなんてこともあります。
お布団の長手方向に平行に寝てくれるととても助かります。
縺ォ縺薙i縺ョ豈取律+1524_convert_20120828172318
↑↑でもど真ん中では困ります。右か左、端に寄ってほしいです。


7.フローリングにも爪痕が残ります
結構ひんぱんに部屋の模様替えをしているので、もともと床に傷はあるのですが、
明らかにMr.Gutley の4本の爪痕が床に走っています。
ただ走るだけならそれほど爪痕も残らないのでしょうが、
猛ダッシュのまま方向転換してくるくる走るので
それが痕になるようです。

8.なので畳はボロボロ、畳縁もボロボロ
Mr.Gutley とは和室でお布団を敷いて一緒に寝ています。
寝る前にしばらくおもちゃをほうり投げて遊んでいますので
走り回って当然畳をひっかくことになります。
滑らないせいか、フローリングの部屋で遊ぶより、
動きがダイナミックで楽しそうです。
縺輔h縺ェ繧峨$縺・、ェ2009+599_convert_20120828175418
↑↑日本男児は畳好き この部屋ではあそばないので、そじてはいません



9.お散歩中に急停止されると本気で躓き危険です。
お散歩中、気になる匂いが漂っていると いくらでも引き返して、正体を突き止めるMr.Gutley
なんの断りもなく急停止 Uターンされると、
後ろをサクサク歩いていたChaperone、足元の Mr.Gutley に本気で躓きます。
10kgくらいの子なら、逆に蹴飛ばしてしまうことになりそうですが、
20kgとなると蹴飛ばせませんから、躓きます。
片手にリード、片手にお土産をもっていたら、両手がふさがっていて顔面強打もありえます。
適度な距離を保っての走行を心がけます。

10.一本足でタッチされるのはとても痛いです。
人間のお食事中、ものすごくMr.Gutley の食欲をそそる匂いがすると、
耐え切れなくなって、太ももの上にタッチすることがあります。
そのタッチが両手ならまだいいのですが、
片手はテーブルを軽く押さえ、片手は太ももにメリメリ食い込んでくるととても痛いです
とてもかわいいのですが、耐えられず、やめてとお願いすることになります。
P1220563_convert_20120828173647.jpg
↑↑この手1本がとても痛いです。
ももじゃなくて肩に手を掛けてくれれば気持ちよさそうです。
でも おねだりのお顔はとてもかわいいです。


なんだかんだでぴったり10個ありました。
10個も大変なことがあったら、なんだか毎日とても大変そうですが、
基本Mr.Gutley 1日中寝ていますので大変な時は一瞬です。

Mr.Gutley が大きくならなかったら知り得なかったことを知ることができて
逆にとてもラッキーです。

縺ォ縺薙i201011to201108+1527_convert_20120828170543
Mr.Gutley >>> 苦労かけるねぇ~ (どよ~ん)


↓↓↓ 大きいわんこのパートナーの苦労をわかってくださった方 ポチポチぽちっとお願いします

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村




ってことで
次回からハンドメイドのほうに移ります
Mr.Gutley のお洋服に興味のある方
今後ともよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment