--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23:58:59
28

ダイヤモンド葬だって

遡って更新しておりますっっっ


ぱぐちゃんを家族に迎えたころ海外の愛犬家の中には
いつまでも一緒にいられるようにと愛犬の死後剝製にする人も多い
とかいう話を何かで読んだ。。。。。
ふぅ~んそうなんだぁ。。。。
くらいには思ったものの拒否感はなく
いかんせん「死」はずっと先のことと思っていたので現実味がなかった

でも実際その時を迎えると剥製になんてとてもとても可哀想でできません
血を抜いて内臓を掻き出して目をくり抜いて。。。。残酷すぎる
そんなことをする人の気がしれないっっってなもんですっっっ
狩りで仕留めた獲物を剥製にする人の心情のほうがまだ理解できるというもの。。。。。
まぁそもそも狩りをしたいと思わないけどねっっっ


がっっっ剥製葬派の人に言わせれば焼くなんて可哀想だ残酷だ
ということになるのでしょうね。。。。。

剥製にしても生前の手触りとは変わるし軽いし
撫でて可愛がろうって気にはなれないけどなぁ
ただ飾っておくのかしらね。。。。。

お棺に納めて土葬するのが心情的には一番抵抗が少ないと思いますが
日本には土葬できる墓地はほとんどないだろうし
未来永劫子孫が土地を所有できるような家でもなければ自分の庭に埋葬することは叶わない

というわけで火葬以外に選択肢はないのですが
遺骨をどうするかは選択肢が増えたようですよっっっ


「ダイヤモンド葬」だって⇒詳しくはこちら

遺骨から抽出した炭素でダイヤモンドを作って
希望があれば指輪やネックレスに加工してくれて
肌身離さず一緒にいられるというものだそうです


ちょっと惹かれるわねっっっ
気になる費用は。。。。。本物のダイヤモンドよりも若干お高め
お金持ちになることがあったら考えよっっ(笑)


で。。。。。気になるのは
自分が預けた遺骨でつくったダイヤモンドが
間違いなく手元に届くのかってことですねっっっ
保証書つけてくれたって確かめようがないものねぇ


去年前に買ったハロゲンヒーターが
発火の恐れがあるからと連絡があり回収して修理してもらったのだが
戻ってきたのが私のじゃないっっっということがあったんだわ
なぜわかったかというと私は綺麗に拭いて送ったのだけれど
戻って来たのはほこりまみれで焼け跡もついているから一目瞭然
私のヒーターは誰かの所に送り返されて回収不能ってことなのでしょう
代わりに新品のが届きましたw( ̄o ̄)w
ってことがあったのでどうもね。。。。

知らない人の遺骨で作ったダイヤモンドが手元に来たら気持ち悪いよねぇぇぇ
わかりようがないけどなんか変な夢を見るとか
知らない人が毎日夢に出てくるとか。。。。。
怖いぞぉぉぉ~~~


目の前で作業を見せてもらって間違いがないように張り付いてないと信用できないな。。。。。
場所は日本じゃなくてスイス チューリッヒだってぇ
製造設備の見学は一部受け入れがあるようで信頼性をアピールしてますっっっ
この5年ほどで19組53名が見学済とか。。。。。


ダイヤモンド葬が受け入れられて
この手の業者が増えたら
絶対いちいち作るなんて面倒なことしないで
クズダイヤを仕入れて利ザヤを稼ぐ悪徳業者が出てくるよ
私だったらそうするもん(爆)


2009年12月23日のにこちゃん。。。。。
P1160616.jpg
クリスマスの予行練習中(笑)
今はクリスマスグッズも100均で色々調達できますがっっっ
当時はあんまり良いのがなかったなぁぁぁ

ハロウィンやクリスマスを気軽ににこちゃんと楽しめるようになったのは100均のおかげですねっっ感謝




天国のにこちゃんへぽちぽちっぱちっとお願いします。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り犬用品・グッズへ
にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば
↑↑↑ 個性あふれるフレブルさん大集合

    Mr.Gutley より大きい子はいるかな??







いつもありがとうございます。


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。