12:00:00
19

にこちゃんがいないと何もできないよっ

数日前から我が家の庭に猫の落とし物がある。。。。。
最初異物が視界に入ったときはギョッとし
何か小さな生き物の死体かなにかそれに近い忌まわしいものかと
見て見ぬふりをしていたのだが
やはり遠目に発見した家人とともに
それは猫の落とし物であるようだと意見が一致した

以前もそういうことはあったのだが
異例なのはコンクリートの上だということ。。。。
いつもは土か芝生の上だったのよっっっ
なので本当に猫のものなのか少し疑問は残る。。。。

以前はにこちゃんがそれを食べてしまうことが何回かあったので→→犯行後の顔
にこちゃんに発見される前にと即刻回収していたのだが

今はそんな心配はないし
うっかり踏んでしまうような恐れのある場所でもないしで
まぁそのうち誰かが回収してくれるだろうと。。。。
それから目を背けて回収されるその日を待っている(笑)

にこちゃんがいなければそんなこと私だってしたくないわよぉぉぉ~~~
考えただけで吐き気を催しそうだわ。。。。

にこちゃんがいたら
したいとか したくないとかも考えずに難なくできたことが
今じゃ何にもできなくなった
にこちゃんのためならできることも自分のためにはなかなかできない

1人で毎日お散歩なんか行けないし
ましてや極寒の冬なんて無理っ

毎日にこちゃんのために野菜を刻んでお肉をゆでたスープを作っていたけれど
自分のためには包丁とまな板を使ってまた洗うってのも面倒で
ブロッコリーみたいなゆでる野菜は鍋の上で包丁を入れて落とし
サラダ野菜は手でちぎるかお皿の上でキッチンばさみでチョキチョキする始末。。。。(汗)

にこちゃんのためにお裁縫もしたけれど
材料は山ほどあるのに自分のためにはなにひとつ作る気になれない


にこちゃんがいないと「いただきます」も「ごちそうさま」も言えない
にこちゃんがいないと「おかえりなさい」も言えない
にこちゃんがいないと「○○しゃん(家人)大好き」なんて言えない
だってそのセリフはにこちゃんへ知らせるためだったり
にこちゃんの代弁をしていただけだもん

「ありがとう」も「可愛い」も「大好き」もにこちゃんにしか言えない


にこちゃんがいないと何もできない
にこちゃんのためじゃないと何もできない

にこちゃんがいなくても
にこちゃんのために私ができることといえば
にこちゃんを愛しつづけること

具体的な作業としては
祭壇をきれいなお花で飾り
にこちゃんが導いてくれたこと・教えてくれてことをブログに綴ること

このふたつが今の私の生きがいだ。。。。。



にこちゃんの祭壇のユリが次々と花を咲かせています(喜)
ユリは夜の間も少しずつつぼみがほどけていくようで朝見ると開いていたり。。。。
P1830112.jpg  P1830116.jpg
買ったときは全部つぼみだった白ユリも咲いたぁ~~~

次の日の木曜日には2つになった
P1830189.jpg

1本に1つずつ咲いていたピンクのユリも次々と。。。。。
P1830075.jpg  P1830179.jpg
マンゴーピンを食べた後お花屋さんを見に行ったらそこでは「お買い得」となっていたユリが880円だったわ。。。。
ホームセンターでお安く買えてすごい得したなぁ~~この分ならつぼみも全部開きそうだし。。。。。

P1830134.jpg  P1830174.jpg
でもお花が全部この勢いで次々咲いてしまうと花びらを広げるスペースがなくなりそうよっっっ
人が多くて傘がさせないみたいな状態。。。。。

ゆっくり咲いてくださいな。。。。
P1830078.jpg



にこちゃんがいなくなって得意になったのは
簡単に泣けるようになったことくらいかなぁ。。。。
映画館で人目もはばからずに (イヤ少々はばかりながらも) 泣けるよっっっ

「Love you forever」。。。。
これはあるミュージカルの挿入歌なのだがこれがまた大号泣。。。。。その話はまたいつか。。。。




天国のにこちゃんにぽちぽちっぱちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば
↑↑↑ 個性あふれるフレブルさん大集合

    Mr.Gutley より大きい子はいるかな??







いつもありがとうございます。


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment