12:00:00
26

魔の25時25分

にこちゃんが帰天したのは25時25分

幸いというか生憎というか
帰天直後はしばらくこの時刻は大概眠っていて
起きていることがなかったのだが
不規則な生活を続けるうちに
その時間まで布団で本を読んでいたり
その時刻の少し前に目が覚めたりするようになった

そうなると
25時25分を意識せずにはいられない
黙祷するためにその時刻が来るのを待つ
1分前には仰向けのまま額の上で手を組んで
時計が26分以降になったと思われるまで目を閉じる

直前の1分にも満たない間に
にこちゃんは布団から起き上がり
走るように間仕切りのカーテンをくぐって冷蔵庫の前まで行って
そこでバタリと倒れた
実際にはその様子を気配を耳にしただけで見てはいないのだが目に浮かぶ
そして倒れたにこちゃんのその顔を思い出して泣く


25時25分のその時刻に立ち会うたびに
にこちゃんの旅立ちのシーンが再現されてしまう

たった一度きりの出来事が何度も何度も。。。。
私の目の前でにこちゃんがもう5回くらい死んでいる(涙)
それはにこちゃんだって私だって望んでいることではないのに


苦しめているのは自分の持っている死生観のせいなのだと思う

よそ様のブログで我が子の旅立ちを湿っぽくならずに
爽やかに思わず微笑んでしまうような写真と文章で報告されたものを
いくつか見ていて私もそれを理想としていたけれどできなかった

死生観を塗り替えるのは簡単なことではないように思うけれど
たとえば25時25分をニコニコタイムと書き換えることは可能ではないか!?
とふと思った。。。。。

にこちゃんが天国のお家に帰った時間
全能の神様に守ってもらえる安心で安全な天国に戻った時刻
窮屈になってしまった体から解放された瞬間

そんなことを考えてしばらくしたらこんな言葉に出会った。。。。。
P1830552.jpg
この前観た映画「ミスサイゴン 25周年記念公演in London」でこの歌詞が耳に入った時
にこちゃんの25時25分が頭に浮かんだ

笠をかぶって手に武器をもったベトナムの兵士達が「This is the Hour」を歌う
場面としては戦う時が来た的な意味合いと受け取ったけれど
教会で聞くような荘厳な響きの「This is the Hour」は
にこちゃんのその時をぴたりと表現するように感じた

後で調べたら
この前のシーンで主人公キムが子供を殺されそうになって
親が決めた許嫁を銃で撃ち殺してしまうのだが
その許嫁が死んでいくまさにそれをクリスチャンは「This is the Hour」というらしい。。。


この曲を思い出して⇒⇒5分以降
次のニコニコタイムはにこにこしていられるかな。。。。。。

もう1フレーズ映画から。。。。。
P1830568.jpg
にこちゃんからのメッセージ(喜)

これ日本語で耳にしたら虫唾が走りそうだけど英語だとなぜかすんなり心に染みる。。。。。






天国のにこちゃんにぽちぽちっぱちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば
↑↑↑ 個性あふれるフレブルさん大集合

    Mr.Gutley より大きい子はいるかな??







いつもありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment