12:00:00
31

「犬」でいいじゃないか

人間と一緒にご飯を食べてお昼寝してお散歩してと
人間と一緒に暮らしているわんこさんの姿は
なんとも微笑ましく心和む光景だ

愛し愛されて深い絆が見え隠れする

そうした光景を見るにつけ
わんこさんは「愛」そのもの
わんこさんは「人に寄り添う」もの
と強く感じている

わんこさんが長らく人に寄り添ってきたことは
「犬」という漢字で明らかにされている
わずか四画のこの漢字を分解すると
「一」と「人」と「`」
「一人」に寄り添う「`」
それが「犬」

小学校で習ってからうん十年
「犬」がそばに寄り添うようになってからもうん十年
やっとこの漢字の意味するところに思い至った次第でございますっっ

「イヌ」と口にするのは極力避けていたのだが
「一人に寄り添うもの」それを「犬」と記すのである
私が愛してやまないわんこさんはまさに「犬」
ずっとずっと私に寄り添ってくれている
ぱぐちゃんもぐう太くんもにこちゃも「犬」である

あぁ~なんて愛すべき漢字なんでしょう。。。「犬」
この漢字を作った人のそばにも可愛い犬が寄り添ってくれていたのでしょうね


2010年2月25日のにこちゃんは。。。。。詳しくは⇒⇒こちら
にこらの毎日 761
フレブルでは飽き足らず別の犬(グーフィー)に無理矢理させられたのであった。。。。


さて「伏」という漢字である。。。。。
人の隣にいる「犬」はお利口さんに「フセ」をしていたってことなのでしょうか。。。。。
にこちゃんはね いつの間にか「フセ」は忘れちゃったよ
私もそんな「イヌ」みたいなことする必要ないなと思っていたし(笑)



天国のにこちゃんにぽちぽちっぱちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば
↑↑↑ 個性あふれるフレブルさん大集合

    Mr.Gutley より大きい子はいるかな??







いつもありがとうございます。


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment