FC2ブログ
12:00:00
17

度が過ぎる親バカ

「最悪の将軍」が気に入って
さっそく著者浅井まかて氏の他の作品を読み漁っている

将軍綱吉の時代を生きた井原西鶴が主人公の作品の話中に
綱吉の笑えない親バカぶりエピソードが記されていた


綱吉の娘が11歳になる年に
「鶴字鶴紋法度」というお触れを出して
「鶴」の字の入った屋号や紋を使うことを禁じた

町人は素早くこれに対応し
看板や芝居の紋をさっさと変えて
新しい名の宣伝に余念がない。。。。。

ということなのだが
これが今の時代だったらJALは大変だぁぁぁ~~
赤い鶴が羽を広げるJALのコーポレートマーク。。。。。
あれを使っちゃいけないっていうんだもの
機体のマークを塗り潰すだけじゃなく
機内の小物やらなんやらにプリントしたものから刺繍したものから
全部変えろ!!! って話なんですから

驚くべきその理由が
綱吉の娘の名前が「鶴姫」だから。。。。。ですと!!!

「娘可愛さにアホらしいお触れを出しおって
ほんまに傍迷惑な公方はんや」
と陰で謗られるのはいたしかたありませんな。。。。。

だからと言って私の綱吉の評価は変わらない
というかこんな親バカな一面があるなんて!!!
素敵じゃないですか
昔は家を継ぐ長男以外は大事にしない親が多かったみたいだし。。。。。
綱吉の長男はこの法度を出す5年前に死去している

ちなみに「七五三」は綱吉の長男 徳松の健康を願ったのが始まりとも言われているそうです。。。。。



ちょうど7年前 2010年8月17日のにこちゃんは。。。。。
P1230018.jpg
いっつもにこにこ にこにこにこちゃん(^ω^)

P1230027.jpg
片目を開けただけだってばっっ(笑)

P1230028.jpg
世界一可愛いぃぃぃ~~~


親バカは人類を救う(爆)



天国のにこちゃんにぽちぽちっぱちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村

フレンチブルドッグひろば
↑↑↑ 個性あふれるフレブルさん大集合

    Mr.Gutley より大きい子はいるかな??







いつもありがとうございます。



関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment